エアロポニック栽培の紹介:

30%多い収穫量、3倍速い成長、98%の水を節約


水耕栽培からより進化したエアロポニック栽培は、土壌ではなく湿気のある環境や空中で菜園を実現する技術です。エアロポニック栽培では、安全で効率的に色、味、香りが良く栄養素が豊富な野菜を収穫できるように、水、栄養液、無土壌育成培地を使います。

研究結果は、エアロポニック栽培を土壌栽培と比較し、次のことが判明しています:

Increase Yields収穫量が 平均30%向上
Grow Faster植物の成長が 3倍早い
Use less water土壌栽培で使用する水の 2%の量で栽培できる

 

土壌でないため、土を耕すことも雑草を抜く必要もありません。さらに、害虫や土壌が汚染されていないかを心配することもありません。 タワーガーデンが素晴らしいところは、設置するために広いスペースを必要としないことです。実に従来の栽培に必要なスペースよりも90%少ないスペースで栽培することができます。つまり野菜や果物をアイデアひとつでユニークな場所で育てることもできるのです。

タワーガーデンの仕組み

タワーガーデンは、お客様が届いたその日から栽培を楽しんでいただけるように、種、栄養液、その他必要な部品と一緒にご自宅に届きます。開封後早ければ25分ほどで家庭菜園を始めることができます。手順は次の通りです。


1. ロックウールと呼ばれる無土壌育成培地で植物は育ちます

タワーガーデンと一緒にお送りしたキットを使って栽培を始めましょう。 通常発芽後3週間でタワーガーデンに植え付けることができます。

土壌の代わりに、成長の速度を加速させるロックウールと呼ばれる培地は、酸素と水分を根に供給し、健康的な植物を育てることを可能にしました。


2植物の栄養の源を供給します

タワーガーデンミネラルブレンド(液肥)は、タワーガーデンで育てる植物の栄養源です。健康的な植物を育てる上で欠かせない大地のミネラルを含むミネラルブレンドは、土壌に含まれる有機物により植物の成長に「ショートカット」を起こすことができます。結果、豊富な栄養により植物は最適な成長をします。

タワーガーデンのタンクに水を給水しミネラルブレンドを混ぜます。


3 植物の栄養はタワーガーデンをつたって植物にまで届きます

タンクに設置された水中ポンプから中心に設置された細いパイプを伝い、栄養をタワーガーデンの上部に運びます。そして、栄養はタワーガーデンで育んでいる植物の露出した根にぽたぽたとしみわたっていきます。

タイマー機能があり、適切な量の酸素、水と栄養が自動的に繰り返し供給されます。


4. 数週間で収穫時期を迎えます

お手入れは 水の量を確認し、ポンプフィルターの掃除を定期的に行うことです。 その他の管理はタワーガーデン自身が行います。数週間も経てば、自宅で育った野菜や果実を収穫する喜びを体験することでしょう!

タワーガーデンについて不明なことがあれば、よくある質問をご参照ください